抜けた歯を補いたい~入れ歯・インプラント~

  • ホーム > 
  • 抜けた歯を補いたい~入れ歯・インプラント~

歯を失ったら放置せずにすぐに対処しましょう

歯を失ったら放置せずにすぐに対処しましょう

虫歯や歯周病、事故など、何らかの理由で歯が抜けてしまったら、すぐに対処が必要です。歯が抜けたまま放置すると隙間に両脇の歯が倒れてきて歯列を乱します。食べ物を咬む力が弱くなるばかりか、奥歯を咬み締めることもできなくなり、体全体のバランスを崩してしまいます。歯が抜けてしまったら、入れ歯ブリッジインプラントで機能回復を図りましょう。

失った歯はそのままにせず、機能回復が必要

失った歯はそのままにせず、機能回復が必要

歯は食べ物を咬み砕くだけでなく、正しい発音や体のバランスなどさまざまな役割を果たしています。虫歯や歯周病、事故などで大切な歯を失ってしまったら、あなたならどうしますか?

「たくさんあるうちのたった1本だから」「目立たない場所だし」と放置してしまうと空いているスペースに両隣の歯が倒れてきてしまい、歯列が乱れます。歯列の乱れは咬み合わせを変え、いびつに歯が伸びることもあります。その結果さらに他の歯を失ってしまう危険も避けられません。

歯は全部揃って機能を果たしているため、1本でも欠けてしまうと大切な役割である咀嚼(そしゃく)や発音、体のバランスに悪影響を与えます。体のバランスが崩れることで頭痛や肩こり、めまいなどの症状も見られるようになるため注意が必要です。残っている健康な歯だけではなく自分の健康を守るために、歯を失ってしまったら早めに対処しましょう。

機能回復のための選択肢

  メリット デメリット
入れ歯
  • 保険適応内で費用がかからない
  • 完成まで早くて1ヶ月
  • 歯型を採るだけなので体への負担がない
  • どんな症例にも対応可能
  • 調整が簡単
  • 咀嚼(そしゃく)力が充分に回復できないこともある
  • 使用時の違和感が大きく慣れるまで時間がかかる
  • 見た目が不自然なこともあり、入れ歯であることが周囲にわかってしまう
  • 周囲の歯に金属のバネを引っ掛けて使用する部分入れ歯は、健康な歯に負担が大きくかかる
入れ歯
採った歯型に合わせ人工歯を作製
ブリッジ
  • 自然な見た目
  • 違和感なく使用が可能
  • 保険適応の素材もあるため安価で治療もできる
  • 両隣の健康な歯を削らなければならず、大きな負担をかける
  • 将来、支えにした歯も失ってしまうことが多い
ブリッジ
歯を失った部分と両脇の歯に橋を架けるように人工歯を取り付ける方法
インプラント
  • 咀嚼(そしゃく)力があり、しっかりと咬むことができる
  • 違和感なく使用ができる
  • 美しい見た目で自然
  • 周囲の歯に影響がない
  • 自費診療になるため費用がかかる
  • 人工歯根を埋め込む際、外科的な手術が必要となり治療ができないこともある
インプラント
人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上部に人工歯を取り付ける方法

当院で行っているインプラント治療

当院で行っているインプラント治療

違和感なく使用できるインプラント治療は天然歯の働きを充分回復することができる画期的な治療方法と言えます。純チタンからできているインプラントは高い生体親和性があります。しかし、歯周病の治療や咬み合わせ、生活習慣の見直しなど基本となる部分をきちんと改善したうえで施術しなければなりません。せっかくインプラント治療をしてもすぐに再治療とならないよういろいろな環境を考慮し、できる限り長期間、安全に使用できると判断できる方のみにおすすめしております。

当院で使用しているインプラント

当院ではIATインプラントを使用しています。IATインプラントは石福金属社が製作を手掛ける純国産品です。石福金属社は70年以上の歴史があり信頼できる金属メーカーで他社と比べると純チタンが均質なのが特徴です。インプラント表面はワイヤ放電加工処理が施され、骨を再生するのにより効果的な反応が期待できます。

また、三次元で患部の状態を知ることができる歯科用CTを治療に役立てています。歯科用CTの中でも被ばく線量が少ないものを採用しており、従来の口腔内全体を移すレントゲンと同等量、もしくは少し多い程度の被ばく量です。より安全に撮影ができ体にやさしい機器を厳選して使用しています。

インプラントは外科手術で人工の歯根を顎の骨の中に埋めます。そして数か月後に再度歯茎を切開し土台を取り付け、その後セラミックスでできた被せ物を装着させ完了です。しかし、装着完了後も定期的なメインテナンスが必要です。

インプラント治療料金

インプラントは歯科用CT撮影診断や歯根の手術料、被せ物すべて込みで350,000円(税別)となります。
※材料代が別途かかりますが、再生材料を使用することも可能です。

入れ歯治療について

入れ歯治療について

歯を失った時、患者様はブリッジ、入れ歯、インプラントからご希望の治療方法を選択ができます。メリット、デメリットはそれぞれありますが、入れ歯は歯科臨床で最も古くから利用されてきた治療方法です。ブリッジやインプラントに比べ審美的には劣りますし、取り外しなどのわずらわしさもありますが、健康な歯や骨を削らずに治療できるという大きなメリットがあります。また、見た目やアレルギーが気になる金属バネを使用しない審美性に優れた入れ歯もご希望に合わせ利用ができます。

入れ歯の治療手順

  • 【1】口腔内全体の歯型を採る
  • 【2】患者様一人ひとりに合わせた専用トレーを使用して型を採りより精密に仕上げる
  • 【3】入れ歯を入れ咬み合わせ状態をチェックし、金属の適合を調整
  • 【4】必要ならば完成する直前に装着し、歯並び検査を行う
  • 【5】入れ歯完成後、適合チェック
  • 【6】調整を数回行いメインテナンスをする

当院の取り扱い入れ歯

レジン床義歯 金属床義歯
レジン床義歯 金属床義歯
保険が適応されます。歯科用プラスチック素材であるレジンの床。素材の性質上、薄く作ることができず装着する状態によっては大きな違和感があります。 床が金属でできています。金属なので薄く作ることができ、また熱伝導に優れていて食べ物の温度や味が伝わりやすい性質があります。違和感が小さいのも特徴。金属アレルギーが心配な方はチタンを使用し、アレルギーの心配を軽減します。
保険適応 250,000円(税別)~

入れ歯をご希望される患者様へ

入れ歯をご希望される患者様へ

関東甲信越厚生局のレセプト点検強化からの通達で、一度入れ歯を作製すると半年間は保険で新しい入れ歯を作ることができません。これは他の医院で作製している場合も同様です。万が一、入れ歯を作製してから半年以内に紛失してしまった場合は、保険の適応はできず、自費診療となってしまいますのでご了承願います。

法に基づいた診療を行うためご迷惑をおかけすることもございますが、どうぞご理解とご協力をお願い申し上げます。