銀歯が気になる・歯をキレイにしたい~審美歯科~

  • ホーム > 
  • 銀歯が気になる・歯をキレイにしたい~審美歯科~

セラミックスやホワイトニングで健康的で美しい口元を

セラミックスやホワイトニングで健康的で美しい口元を

当院では歯周病治療、マイクロスコープを使用した根管治療などの修復を行う歯の基本治療をしっかり行った上で審美歯科診療を行います。審美修復を行ってもこれらの基本治療や予防が実践できなければ全く無駄になってしまうからです。また、院長の竹内は日本歯科理工学会のDental Materials Senior Adviser (材料学の専門医)を取得しており、長年昭和大学歯科理工学教室でセラミックス材料や歯との接着の研究を行い博士号も取得しております。歯科材料という基礎医学においても科学的な根拠を持ち臨床に取り組んでいます。

オールセラミックス治療のメリット

耐久性・適合性に優れています

少し前までセラミックスの欠点として割れやすい特質がありました。しかし現在使われているジルコニアやe-maxと呼ばれる二ケイ酸リチウムは割れやすさが改善され、天然歯と同程度の耐久性があります。また、接着方法も改善され適合性にも優れていて長期間利用が可能。再治療のリスクを低下させます。

審美性

壊れやすいセラミックスはその強度を補うため金属で裏打ちしたものを使用するのが一般的でしたが、現在では金属を使用しない透明感のあるオールセラミックスでの修復ができるようになりました。さらに当院では信頼できる専門の技工士へ製造を依頼するため審美性に優れた修復が可能です。ただし、技工士加算が別途必要になります。症例など院内に設置してあるパソコンで紹介ができますのでお気軽にご相談ください。

生体親和性

保険診療で使用される金属を使用した治療は、長期間の使用で金属イオンが溶解しアレルギーを誘発する原因になると指摘されています。また、劣化が激しいプラスチックは着色汚れやプラークが付きやすく、歯周病が再発するリスクが大きい素材です。陶磁器のような質感を持つセラミックスは汚れにくく、またアレルギーの原因となる金属イオンが溶解する危険性もありません。そのため生体親和性に優れた素材と言えます。

取り扱いの素材について

ジルコニアセラミックス
特徴
土台と歯の色調を再現したセラミックスの間に強度の高いジルコニアセラミックスを使用。表面と同じ色調や強度があり、審美性や生体親和性に優れています。
ジルコニアセラミックス(技工士加算)症例紹介CASE.1

※画像はクリックしたら拡大されます。

術前 術後
術前 術後
黄色い矢印が示す左上の2本は患者様が知らない間に根の先に膿がたまってしまい、当院で根の治療を行い、ジルコニアセラミックスで修復することとなりました。よく写真を見ると縦に亀裂が入っており、咬み合わせが原因と考えられます。
右写真右上の歯(向かって左上)と左右対称で、かつ歯の表面の細かい模様までも再現できました。このレベルであると専門の歯科医師でさえぱっと見ただけでは天然の歯と区別できません。
ジルコニアセラミックス(技工士加算)症例紹介CASE.2

※画像はクリックしたら拡大されます。

初診時古い前装冠はボンドで両サイドに取り付けられている。
初診時古い前装冠はボンドで両サイドに取り付けられている。

>>

プロビジョナル置換。歯周病や根の治療を優先的に行い、終わり次第型取りへ移行。
プロビジョナル置換。歯周病や根の治療を優先的に行い、終わり次第型取りへ移行。

矢印

ジルコニア形成印象時。
ジルコニア形成印象時。

>>

ワックスアップ
ワックスアップ。

矢印

フレーム&ワックスTF。
フレーム&ワックスTF。

>>

セット。
セット。
e-max
特徴
特殊なセラミックス、ニケイ酸リチウムを高温高圧で接着。適合性に優れ、強度もあり、粘り強く壊れにくいのが特徴です。奥歯のみ対応可能な艶出しのみのステイン法とセラミックスを使い、歯と同じ色調に整えるべニア法の2種があります。素材の透明感が優れているため自然な仕上がりが実現できますが、土台の着色が強い場合、べニア法やジルコニアを使用した修復の方が自然に仕上がります。
症例紹介

※画像はクリックしたら拡大されます。

前装冠色調不満で来院。
前装冠色調不満で来院。

>>

プロビジョナルを制作し、最終補綴と同じような仮歯を装着。
プロビジョナルを制作し、最終補綴と同じような仮歯を装着。

矢印

マイクロスコープを使用した形成と歯肉圧排を行い精密印象。
マイクロスコープを使用した形成と歯肉圧排を行い精密印象。

>>

矢印

色調の調整はビタイージーシェードアドバンス4.0を使用し、しっかり合わせます。
色調の調整はビタイージーシェードアドバンス4.0を使用し、しっかり合わせます。

>>

e-maxをセット。
e-maxをセット。

審美歯科症例紹介

e-maxインレー

※画像はクリックしたら拡大されます。

術前 術後
術前 術後
金属製の詰め物をe-maxインレー(詰め物)へ再治療しました。術後すぐは歯とセラミックスの境目は目立ちませんが、着色が強い食べ物(コーヒー、ワイン、お茶など)や喫煙習慣のある方は境目が着色してきます。
e-maxクラウン(case1)

※画像はクリックしたら拡大されます。

術前 術後
術前 術後
右上の前歯の被せ物の色が合っていないことが気になっていた患者様です。根の治療と歯周病治療を行い、e-maxクラウンにて修復いたしました。土台はファイバー製のものを使用しました。e-maxは粘り強さがあるため割れにくいですが、透明感があるので土台も白いものでないと色調が合いにくいです。
e-maxクラウン(case2)

※画像はクリックしたら拡大されます。

術前 術後
術前 術後
左下は根の治療後にインレー(詰め物)が装着されており、亀裂が入った状態でした。根の治療をした歯は必ず土台を立てて被せ物にしなければなりません。力学的な構造から考えると、神経をとった歯は枯れ葉と同じようにもろくなるので、術前の金属に力がかかれば、薪割りと同じで歯が割れてしまいます。最終的にe-maxを使用し修復いたしました。
e-maxクラウン(case3)

※画像はクリックしたら拡大されます。

術前 術後
術前 術後
右上の2本と左上の1本をe-maxクラウンにて修復しました。根の治療と歯周病の治療をしっかり行い、環境を整えた上で被せ物の処置へ移行しました。e-maxは透明感があるので、今回のケースのように古い金属イオンの着色(メタルタトゥー)を隠すことは困難です。
ファイバーコア→e-maxクラウン(技工士加算)

※画像はクリックしたら拡大されます。

術中ファイバーコア 術後
術中ファイバーコア 術後
黄色い矢印の先に見える透明な部分がファイバー製の土台です。型取りの直前の状態ですが、歯ぐきが引き締まって出血もありません。精密な型取りを行うために歯ぐきと歯の間に位置を入れています。このように周囲の環境を完璧に整えてから修復しなければ長期的に予後が良い被せ物はできません。被せ物は専門の歯科技工士が制作いたしました。
オールジルコニアブリッジ

※画像はクリックしたら拡大されます。

術前 術後
術前 術後
金属製の詰め物が入っている歯が欠けてしまった部分をジルコニアセラミックスで修復。素材は全てジルコニアなので割れる心配はありませんが、色合わせが難しく、また反対の歯がすり減るおそれがあるので必ずマウスピースが必要となります。(本症例は患者様の希望により周囲よりも白くなっております)
  特徴
ファイバーポスト 保険適応診療の場合、銀の土台を使用します。そのため歯茎が黒ずんでしまうこともあります。また、強い力がかかると根割れする危険性もあります。
保険適応外ですがファイバーの土台を使用することもできます。ファイバーは金属アレルギーの心配がなく、また自然歯の象牙質と同程度の粘り強さがあるため他の歯と一体化して根が強化されます。ファイバーの代わりに歯科用プラスチックであるレジンの土台も可能です。

銀の土台の場合

銀の土台の場合

ファイバー制の土台の場合

ファイバー制の土台の場合

自由診療の技工物は自由診療を専門に取り扱う技工所へ依頼

当院で取り扱う技工物はすべて院長 竹内が信頼している技工士へ依頼して作製しております。特に自由診療で扱う技工物は自由診療の技工物を専門の技工所へ発注します。自然により近く、審美性に優れた仕上がりをご希望の場合はさらにトップレベルの技工士へ依頼ができます。

伊藤繁先生は世界的に活躍されている技工士 青嶋仁先生が主催のゼミの5期生で、現在はパラディーゾデンタルスタジオを開業。当院院長 竹内が若いころから一緒に経験を積ませていただいた信頼の厚い歯科技工士です。院内では伊藤先生の手掛けた症例を紹介しておりますのでお気軽にお問合せください。

伊藤繁先生のご紹介
伊藤繁先生のご紹介
1993年 東京歯科技工専門学校卒業
1993年 赤羽歯科技工室勤務
2008年 青嶋ゼミ5期 修了
2009年 Paradiso Dental Studio開業