コラム・勉強会レポート等

その痛みの原因は正しく診査診断されていますか? その痛みの原因は正しく診査診断されていますか?

こんにちは院長の竹内です。

 今日は歯の痛みについて少しお話させて頂きたいと思います。
歯が痛い・・・この一つの表現から皆さんはどんな病気を想像されますでしょうか?おそらくほとんどの方が『虫歯』を想像されると思います。しかし実際には「冷たいものがしみる」「咬むと痛みがある」「歯茎がはれていたい」など問診を重ねていくと具体的な症状がいくつも聞き取れます。このことから単純に歯が痛いといっても=虫歯であるとは限りません。

 患者様からすると早く痛みを取ってほしいのでぱぱっ!と短時間で決めて早く治療してほしいと思う方がほとんどだと思います。もちろん見た目で分かるレベルの大きな穴が歯に空いていたりすれば別ですが、見た目で大きな虫歯もなく治療の痕跡がない歯に対して短時間で診査診断を終わらせてしまって本当に大丈夫なのでしょうか?

 実際に当院にお越しいただく方で非常に診断がつきにくいケースは多々あります。その場合お手数をおかけしますが多くの検査を行い、どういったことが原因で痛みが出ているのかを解明することを行います。これは、無駄に歯の神経を取ってしまったり、歯を抜いてしまうことを避けるためにも大変重要なことです。

 具体的なお話をするときりがなくなってしまいますが、歯科医師が患者様からお話を聞く場合注意している一般的な点は いつから、どのような痛みがあるのか、痛みは常に起きているのか、悪化しているのか、などだと思われますが患者様もこのような点をあらかじめ頭にいれていただくと診査診断もスムーズにいくかもしれませんね。

 さて、基本的なお話はさておき、少し豆知識的なことを患者様に知っておいていただきたいので2点ほど・・・・

①痛みの診断がつかないこともあるが、その場合は待つことが大事(待機的診断)

 これは我々歯科医師側にとってとても大事なことです。患者様は痛みの原因を早く特定して早く治療してほしいと思う方がほとんどです。歯科医師もその患者さんの希望をないがしろにしては悪い評判をたてられるんじゃないかと思い、『何か治療をしなくては...』と思いがちです。ですが、診断がつかないのにも関わらずやみくもに歯を削って症状が増悪すればとりかえしのつかないこととなります。これは患者様には最も知って頂きたいことです。
 例えば咬むと若干痛みというか違和感があるけど、日によって差がある。このようなケースで明らかな虫歯がなければ感染による炎症ではない可能性が高いのでまず様子をみていくことで改善する可能性もあります。その場合ですが、歯科医院で一度見てもらったときの痛みを100として、その後どのくらいになったか数字で表現していただくといいかもしれませんね。

②歯が原因ではないのにお口の中に症状がでることがある。(非歯原性疼痛)

 これは我々歯科医師側が知っておかねばならぬことですが、患者様が歯の痛みが訴えているのにも関わらず原因が歯ではなく他にあることもあります。専門的なことはここで詳細は書きませんが、筋肉や筋膜が原因の場合、他の神経痛(三叉神経痛など)、他の全身的疾患(まれに心疾患などが原因となる)などが例としてあげられます。このような特殊なケースでは痛みの専門医や医師に紹介させていただくこともあります。

 

 さて、今回は痛みの原因の診査診断の一部のお話でした。いずれにせよ大事なことはくおいった診査診断にしっかり時間をかけることですが、患者様が普段感じている痛みを診療室の中で再現できるのか?(再現性)当院では最も重要視させていただいております。

 割と歯科医師向けの話にもなってしまいましたが、今日はこの辺で終わりで具体的な診査方法なども自身の忘備録にもなるので機会があればまとめていきたいと思います。