審美

精密な型取りのため必要なこととは? 精密な型取りのため必要なこととは?

こんにちは院長の竹内です。

 本日は精密な型取りについてお話をしていこうと思います。当院ではセラミックス審美修復に関しては全てシリコン系の材料を使用し型取りを行っています。通常型取りの材料は寒天アルジネートというものが一般的に使用されておりますが、どうしても水分を含む材料なので型取りをした後に寸法が変化してしまうため精密な模型を作ることが困難なため、最終的な被せものの適合はシリコン系と比較し甘くなってしまいます。ただし、このシリコン系の材料は扱いが難しく日々の診療でスタンダードに取り入れていないときちんとした型取りができません。(日々使用している私でも取り直しをお願いさせていただくことがあります...)

*写真は型取りをしたあとのシリコン系の型取り材料です。

の画像01

 さて、ただシリコン系を使えばいいのか?というとそういうわけではありません、写真の赤い矢印のようにちょんちょんと上に材料が伸びていると思いますが、ここが非常に重要なポイントとなります。ここは歯と歯茎の間にしっかり型取りの材料が流れている証拠になるんですね。被せものを作って頂く歯科技工士さんが最も欲しい情報がこの部分となりますし、ここが表現できなければ作ることはできません。

 この精密な型取りをするためにはしっかりとした歯周病治療や根の治療が必要なのはもちろんですが、型取りの時に歯と歯茎の間に糸を挿入し型取りの材料が流れやすくする必要があります。これを歯肉圧排といいます。次の写真は当院で使用している糸ですが、患者様の歯茎の状態に合わせて数種類用意しております。

 このように型取りの処置一つとっても考えることはたくさんあります。当院では可能な限り精密で再発を少なくするため型取り一つとっても最善を尽くす治療を行っております。

 

の画像04