コラム・勉強会レポート等

当院の滅菌衛生管理、治療におけるラバーダムのこだわりについて 当院の滅菌衛生管理、治療におけるラバーダムのこだわりについて

 こんにちは院長の竹内です。 

 当院のブログをご覧頂きありがとうございます。今回は症例ではなく当院の衛生管理などについてお話していきたいと思います。当院では全ての器具を世界標準のレベルにて滅菌を行い、院内の治療においても口腔外バキュームという器具を使用し細かい粉塵が飛散しないよう環境を整えております。当然マスクやグローブなどは全てディスポーザブル(1度の使い切り)にし使用する器具においても再利用をなるべく避け患者様に安全で安心に治療を受けていただく環境を整えております。

 写真は当院で使用する器具の一例です。たくさんの器具が並んでいる写真は歯周外科という手術前の準備です。全ての器具をパックし滅菌し環境を整えています。一つ一つパックすることは非常に時間と労力が必要ですが、これも当院が安全に治療を受けていただくこだわりとして続けております。

の画像01

の画像02

 さらに当院では治療中においてもこだわりがあります。下の写真をご覧ください。使用する器具のみならず、根の治療においてはラバーダムというゴムのシートを必ず使用し、治療中に歯の内部に唾液や血液などの感染性の物質が侵入しないよう無菌的環境を整えます。器具を滅菌したからといって治療中にこのような環境を整えていない場合は全く意味がなくなってしまいます。

 ラバーダムにおいても当院が何年も地道に続けている世界標準の治療の一つと言えるでしょう。

 私たちは今後も安全で安心に、そして再治療をなるべく減らすためにこれらの工程を妥協せず還元することをお約束します。今後ともよろしくお願い申し上げます。

の画像04

当院の治療コンセプトから診療の流れはこちらになります。
ご予約の際は必ずご一読頂きますようお願いいたします。
今後ともよろしくお願い申し上げます。